TSN通信の仕組みのまとめ。実際にテスト・調べてみた

FPGA

TSN(Time Sensitive Networking)について、開発・調査してみました。

今までに調べた内容を、一つの記事にまとめて紹介します。

個人でもTSNの環境構築から実装・通信テストまで可能です。

 

スポンサーリンク

TSN通信の仕組みのまとめ。実際にテスト・調べてみた

TSNによって、イーサネット経由でリアルタイム性が必要な通信が可能となります。

ロボット・自動車など時刻同期が必要なアプリケーションでの利用が期待されています。

まだTSN通信に対応している機器は少ないですが、徐々に増えてきています。

 

一個人でもTSNの開発・テストが可能です。

実際に手を動かして、テストすることでTSNの理解が深まります。おすすめです。

まだ順次記事を追加中ですが、今まで実施したテスト・調査した内容をまとめています。

 

TSNに使えるLANカード(NIC)

TSNに使えるIEEE-1588/PTP対応のLANカード(NIC)を購入してみました。

実際にPCにカードを取り付けて、PTPの動作確認まで実施しています

LANカード(NIC)の選定から、PTP通信までの内容を紹介します。

 

TSNに使えるLANカード(NIC)の詳細を下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

IEEE-1588/PTP対応のLANカード(NIC)を動かしてみた

IEEE-1588/PTP対応のLANカード(NIC)を動かしてみた
IEEE-1588/PTP対応のLANカード(NIC)を購入してみました。 実際にPCにカードを取り付けて、PTPの動作確認まで実施しています LANカード(NIC)の選定から、PTP通信までの内容を紹介します。

 

TSNに使える開発ボード

XilinxのKria KR260は、TSNに使える開発(FPGA)ボードです。

Digi-Keyから個人で購入しています。Ubuntu(OS)を動かすまでの流れを紹介します。

 

TSNに使える開発(FPGA)ボードの詳細を下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

KR260を購入してUbuntuを動かすまでのメモ

KR260を購入してUbuntuを動かすまでのメモ
XilinxのKria KR260のロボティクス スターター キットを買ってみました。 Digi-Keyから個人で購入しています。 Ubuntuを動かすまでの流れを紹介します。

 

TSNの通信テスト

TSN(Time Sensitive Networking)のイーサネット環境を作ってみました。

LANカード(NIC)とKR260を使ってテストしています。

TSNの環境構築から実装・通信テストまで一連の流れを紹介します。

TSNのテスト環境についての詳細を下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

TSN Ethernetの実装をFPGA(KR260)で試してみた

TSN Ethernetの実装をFPGA(KR260)で試してみた
TSN(Time Sensitive Networking)のイーサネット環境を作ってみました。 KR260というTSN対応のFPGAボードを使ってテストしています。 TSNの環境構築から実装・通信テストまで一連の流れを紹介します。

 

TSNスイッチとしての設定

KR260はTSNに対応しています。更にTSN対応のRJ-45(LAN)コネクタが2つあります。

TSN スイッチとして、またエンドポイントとしても使えることを紹介します。

 

TSNのスイッチの詳細について下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

TSNスイッチとして使えるFPGAの評価ボード(KR260)

TSNスイッチとして使えるFPGAの評価ボード(KR260)
XilinxのKR260というFPGAボードはTSNに対応しています。 更にTSN対応のRJ-45(LAN)コネクタが2つあります。 TSN スイッチとして、またエンドポイントとしても使えることを紹介します。

 

TSNでのPTP通信

TSNの環境構築して、PTPの通信テストを行いました。

そしてテストしたPTPの設定が、TSNの規格に適応しているのか確認してみました。

設定・ログを見直しながら、PTPとTSNの違いを確認した内容を紹介します。

 

TSNでのPTP通信の設定に関して下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

TSNとPTPの違いは?通信テストの設定・ログから確認してみた

TSNとPTPの違いは?通信テストの設定・ログから確認してみた
TSNの環境構築して、PTPの通信テストを行いました。 そしてテストしたPTPの設定が、TSNの規格に適応しているのか確認してみました。 設定・ログを見直しながら、PTPとTSNの違いを確認した内容を紹介します。

 

TSNのIEEE 802.1QBV

TSNの時刻同期の仕組みの重要なポイントである、IEEE 802.1QBVを試してみました。

通信トラフィックをスケジューリングする仕様を確認しています。

実際の通信テストから、解析方法まで紹介します。

 

IEEE 802.1QBVについての詳細を下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

TSNの時刻同期の仕組み。IEEE 802.1QBVを試してみた

TSNの時刻同期の仕組み。IEEE 802.1QBVを試してみた
TSNの時刻同期の仕組みの重要なポイントである、IEEE 802.1QBVを試してみました。 通信トラフィックをスケジューリングする仕様を確認しています。 実際の通信テストから解析方法まで紹介します。

 

TSNのIP

XilinxのTSNのIPを部分的に確認してみました。基本的には個人では使用できないIPです。

評価ボードのデザインファイルから一部参照することが可能です。

確認する手順を紹介します。

 

TSNのIPについて下記記事で紹介しています。(リンク先はこちら)

TSNのXilinxのIPを部分的に確認してみた

TSNのXilinxのIPを部分的に確認してみた
XilinxのTSNのIPを確認してみました。基本的には個人では使用できないIPです。 但し、評価ボードのデザインファイルから一部参照することが可能です。 確認する手順を紹介します。

 

まとめ

TSN(Time Sensitive Networking)について、開発・調査してみました。

個人でもTSNの環境構築から実装・通信テストまで可能です。

また記事作成しましたら、順次追記していく予定です。

 

実際に手を動かして、テストすることでTSNの理解が深まります。おすすめです。

是非皆さまも試してみて下さい。

 

コメント