Python

未経験・社会人向け! Pythonと機械学習の勉強方法・始め方

未経験で社会人である筆者がPythonと機械学習を学ぶにあたって「今回の勉強方法はかなり実用的かつ効率的!」と強く実感した内容でしたので紹介したいと思います。 UdemyがPythonと機械学習の始め方に最適! 結論から言いますとの講座...
エンジニア

Linuxでクローン!ddコマンドからパーティション拡張までしてみた

Linux(Ubuntu)でCドライブの容量が足りなくなり、SSDを交換しました。 ddコマンドでのクローン、またパーティション拡張まで対応しました。 無事500GB→1TBにSSDの容量アップできた旨を紹介します。
AI

Vitis AIでdocker_build_gpu.shが失敗するメモ

VItis AIでGPU版のDockerをビルドすると失敗しました。 エラーの症状とメッセージ、ログをメモしておきます。 また原因を調べてみました。
AI

VItis AI 2.5やPetaLinuxなどインストールしてみたメモ

Vitis AIの最新版2.5やPetaLinuxインストールしてみました。 ダウンロードからの一連の流れを簡単に紹介します。
AI

ColabでMMDetectionとOpera Datasetを動かしてみた

Opera Datasetの2DサンプルをColabでテストしてみました。 Google Driveに学習データを入れて、実際に学習・デモまで実施しています。 手順を一から紹介します。
FPGA

TSN通信の仕組みのまとめ。実際にテスト・調べてみた

TSN(Time Sensitive Networking)について、開発・調査してみました。 今までに調べた内容を、一つの記事にまとめて紹介します。 個人でもTSNの環境構築から実装・通信テストまで可能です。
FPGA

TSNのXilinxのIPを部分的に確認してみた

XilinxのTSNのIPを確認してみました。基本的には個人では使用できないIPです。 但し、評価ボードのデザインファイルから一部参照することが可能です。 確認する手順を紹介します。
FPGA

TSNの時刻同期の仕組み。IEEE 802.1QBVを試してみた

TSNの時刻同期の仕組みの重要なポイントである、IEEE 802.1QBVを試してみました。 通信トラフィックをスケジューリングする仕様を確認しています。 実際の通信テストから解析方法まで紹介します。
FPGA

TSNスイッチとして使えるFPGAの評価ボード(KR260)

XilinxのKR260というFPGAボードはTSNに対応しています。 更にTSN対応のRJ-45(LAN)コネクタが2つあります。 TSN スイッチとして、またエンドポイントとしても使えることを紹介します。
FPGA

TSNとPTPの違いは?通信テストの設定・ログから確認してみた

TSNの環境構築して、PTPの通信テストを行いました。 そしてテストしたPTPの設定が、TSNの規格に適応しているのか確認してみました。 設定・ログを見直しながら、PTPとTSNの違いを確認した内容を紹介します。
FPGA

TSN Ethernetの実装をFPGA(KR260)で試してみた

TSN(Time Sensitive Networking)のイーサネット環境を作ってみました。 KR260というTSN対応のFPGAボードを使ってテストしています。 TSNの環境構築から実装・通信テストまで一連の流れを紹介します。