DELLのデスクトップをSSDに換装!INSPIRON 3650編

エンジニア

DELLの中古デスクトップPCをHDDからSSDに交換しました。

起動時間が約2分→約20秒になり、非常に快適です。

HDDの取り外し方法から、SSDへの交換手順を分かりやすく紹介します。

 

スポンサーリンク

DELLのデスクトップをSSDに換装!INSPIRON 3650編

中古のデスクトップPCにて、HDDからSSDに換装しました。

交換したPCはDELLのINSPIRON 3650です。

 

通常デスクトップのHDDは3.5インチでSSDが2.5インチです。サイズが違います。

マウンタ(ケース)を使うことにより、SSDに交換することが出来ました。

付属されているネジで簡単に取り付けることが可能です。

 

交換してBIOS画面でもHDD→SSDに正常に交換出来ていることを確認しています。

OSもインストールでき、問題なく動作できています。

HDD→SSDへの交換手順を紹介します。

 

中古のデスクトップがHDDのためSSDに交換

最近、中古デスクトップPCを購入しました。その際の記事は下記となっています。

ジャンクワールドで買ってみた!中古のデスクトップOS無し

ジャンクワールドで買ってみた!中古のデスクトップOS無し
ジャンクワールドでOS無しの中古デスクトップを購入しました。 格安で購入でき、BIOS起動も問題ありませんでした。 改造目的・Linuxに使う…という方におすすめできる内容を紹介します。

 

ジャンクワールドの通販で購入しました。

メーカはDELLで、型番はInspiron 3650です。

OS無しの中古を選び、OSはLinuxをインストールして格安に済ませています。

 

但し、購入時はストレージがSSDではなくHDDとなっていました。

暫くはHDDをそのまま使っていましたが、起動・動作が重いのがネックでした。

そのため、今回SSDに交換しました。

 

中古デスクトップPCは改造できる

中古デスクトップPCは拡張性があり、色々と改造が捗ります。

OS無しの格安品の中古を購入したので、Linux(Ubuntu)をインストールしています。

OS無しのPCにLinux(Ubuntu)をインストールしてみた

OS無しのPCにLinux(Ubuntu)をインストールしてみた
OS無しの中古PCを購入しましたので、Linuxをインストールしました。 Ubuntuを入れています。 ダウンロードからインストール方法まで紹介します。

 

また中古のデスクトップにグラボを増設(後付け)してみました。

格安のNVIDIA GeForce GT 710ですが、問題なく動作確認できています。

中古のPCにグラボを増設してみた!NVIDIA GeForce GT 710編

中古のPCにグラボを増設してみた!NVIDIA GeForce GT 710編
中古のデスクトップにグラボを増設(後付け)してみました。 格安のNVIDIA GeForce GT 710ですが、問題なく動作確認できています。 中古PCの購入から、グラフィックボードの増設までの流れを紹介します。

 

交換するSSDにクローンする

既にデスクトップを使用中で、データを引き継ぎたい方は予めクローンしておきます。

交換するSSDにUSB接続して、データをバックアップしておきます。

(※今回筆者のように新品のSSDにOSインストールから実施する方は必要有りません)

 

SSDへのクローンの手順に関しては、フリーソフトで対応できます。

下記記事でノートPCで実施しています。バックアップ手順は同じです。

M.2のSSDを換装!ノートPCの容量を増やしてみた

M.2のSSDを換装!ノートPCの容量を増やしてみた
ノートPCのM.2のSSDを換装(交換)しました。 Cドライブの容量を250GB→1TBにしています。 交換方法からクローンする手順まで分かりやすく紹介します。

 

ノートのM.2のSSDをクローンしている際の写真です。(250GB→1TBに容量増加)

最近はノート、デスクトップ共に、ストレージはM.2のSSDが主流です。

M.2の外付ケースを使い、SSDを交換することで容量増加することが出来ます。

 

但し、古いデスクトップのストレージは、SATA接続のHDD・SSDが大半です。

その際はUSB接続できるSATA変換ケーブルが必要となります。

 

デスクトップのHDDを取り外す

DELLのデスクトップのHDDを取り外します。

デスクトップPCの中には、SATA・電源ケーブルが接続されているHDDを確認できます

 

ネジ一つ外せば、あとはスライドしてHDDを取り外せる形でした。

 

ケーブルを抜いて、HDDを取り外すことに成功しました。

工具はドライバー1本で可能です。簡単でした。

 

元々デスクトップに取り付いていたHDDはSeagate製の1TBでした。

やはり3.5インチのHDDは結構サイズ・重量ともに大きいです。

また何かのバックアップ用で使いたいと思います。

 

2.5から3.5インチに変換するマウンタ(ケース)

3.5インチが取り付いていた箇所にSSDを取り付けていきます。

デスクトップのHDDは3.5インチで、交換するSSDが2.5インチです。

サイズが違うため用意するものは2つになります。

  • 2.5インチのSSD
  • 2.5→3.5インチの変換マウンタ(ケース)

 

2.5インチのSSDは好きなものを選んでもらえれば構いません。

筆者はCrucial SSD 500GBを使っています。

 

2.5→3.5インチ変換マウンタに関しては下記ものを使用しました。

取り付けネジも付属されており、これ一つで2.5→3.5インチの変換ができます。

 

実際にSSDをマウンタ(ケース)取り付けた写真が下記形になります。

ネジ穴が長穴になっていますので、取り付け位置が調整できます。

 

裏面がこのような形になります。SSDの型番が見える形です。

表面から4つのネジで固定されています。

横に複数穴があり、PC側の3.5インチのケース(ブラケット)と固定できます。

 

3.5インチのHDDから2.5インチSSDに交換

元々PCのHDDに取り付いていたケース(ブラケット)を取り外します。

大抵の場合、横からネジで固定されています。

 

3.5インチ固定のためにPC側のケースの爪が曲がっている場合があります。

取り付け性が悪い場合は、必要に応じてケースの爪をペンチなどで調整します。

 

無事にPC側のケースをSSDに取り付けることが出来ました。

横からネジでケースとマウンタを固定しています。

 

裏面からSSD+マウンタ+PC側ケースの状態を見ると下記形です。

元々付いていた3.5インチのHDDの大きさが良く分かります。

 

後はSSDをPC側本体に戻します。

取り外していた電源・SATAケーブルも取り付けます。

 

後はPCに電源を入れて、SSDが動作するか確認します。

無事SSD内のOSが起動してLinuxが立ち上がりました。

起動時間がHDD時と比べて、約2分→約20秒と速くなりました。

 

BIOS画面からも正常にSSDがデスクトップPCから認識できていました。

 

まとめ

中古デスクトップPCをHDDからSSDに交換してみました。

SSDと2.5→3.5インチ変換マウンタで、対応可能でした。

ハードウェア・PCの勉強にもなります。是非皆さまも試してみて下さい。

 

また中古PCを格安で購入した内容も下記記事で紹介しています。

是非一緒にご覧ください。(リンク先はこちら)

ジャンクワールドで買ってみた!中古のデスクトップOS無し

ジャンクワールドで買ってみた!中古のデスクトップOS無し
ジャンクワールドでOS無しの中古デスクトップを購入しました。 格安で購入でき、BIOS起動も問題ありませんでした。 改造目的・Linuxに使う…という方におすすめできる内容を紹介します。

コメント