USBシリアル通信ケーブルをWindows10用に購入してみた

インターフェース

特定のUSBシリアル通信ケーブルがWindows10だと使えなくなりました。

実際に使用不能になったケーブルでの症状、型番・IC含めて紹介します。

またWindows10でも使えたケーブル含めて確認しています。

 

スポンサーリンク

USBシリアル通信ケーブルをWindows10用に購入してみた

Windows10用にUSBシリアル通信ケーブルを購入しました。

シリアル通信のICの型番はCP2102です。

ドライバのダウンロードも不要で、Windows10で問題なくシリアル通信が出来ました。

 

シリアル通信で電子工作(CPU・FPGAなど)のデバッグが非常に楽になります。

Windows10で使えたシリアル通信ケーブルを紹介していきます。

 

Tx,Rxだけでシリアル通信可能

シリアル通信はTx,RXの2本のデータ線で通信することが可能です。

(配線としてもTx,Rx以外にはGNDを接続するだけです。)

実際にデータ測定した波形が下記になります。

 

下記動画でも紹介しています。よろしければ一緒にご覧ください。

UART(シリアル)通信をオシロスコープで確認してみた

 

USBシリアル変換

USBシリアル通信ケーブルの中には変換ICがあります。

数多くのシリアル通信ケーブルが販売されていますが、変換ICの種類も多数あります。

(下記の変換ICの中では、PL2303以外はWindows10で問題なく使えました。)

 

シリアル変換ICで使用できる(ボーレートの)設定も変わります。

下記記事で実際に確認しています。(リンク先はこちら)

USBシリアル通信のボーレートの最大は?通信速度(bps)をオシロで確認

USBシリアル通信のボーレートの最大は?通信速度(bps)をオシロで確認
シリアル通信の速度をオシロスコープで確認してみました。 USBシリアル変換ケーブルのICを調べて、最大のボーレートまで試しています。 シリアル通信のボーレートの設定で通信速度(bps)がどのように変化するか紹介します。

 

CP2102はドライバCDが不要でした

変換ICの種類によっては、Windows10でドライバのインストールが必要になります。

筆者の環境では、今回購入したCケーブルはドライバCD不要でシリアル通信できました。

(一応CDが入っていましたが、全く使わなかったです)

 

下記記事のFPGAのデバッグで問題なく通信できました。

(他にもTertermなどのターミナルでも問題なく動作確認しています。)

FPGAをC言語でプログラミングしてみた!Xilinx編

 

Linuxでも問題なく使えます

ラズベリーパイ(Linux)に今回のケーブルを接続して、正常動作確認しました。

下記コマンドでログを確認すると、Silicon Labs製のCP2102であることを確認出来ました。

dmesg | grep -i usb

 

RTS/CTSフロー制御が可能

今回のケーブル購入した目的の一つがRTS/CTSフロー制御です。

データ線のTX・RXだけでなく、CTS/RTSの通信にも対応しています。

接続が1ピン毎のコネクタとなっており、あらゆるデバッグで対応できます。

 

下記記事で実際にRTS/CTSの波形含めて紹介しています。(リンク先はこちら)

UARTでRTS/CTSのフロー制御をしてみた

UARTでRTS/CTSのフロー制御をしてみた
UARTのRTS/CTSを使ったハードウェアフロー制御を試してみました。 接続方法・プログラムから実際に測定した波形まで紹介します。 ラズパイとUSBシリアルでテストしていますので、誰でも同様に実施可能です。

 

PL2303がWindows10で認識しない

Windows7まで使用できていた格安のUSBシリアル通信ケーブルが、10だと使えなくなりました。

(今回新しくUSBシリアル通信ケーブルを購入した一番の理由です)

Prolific Technology製PL2303というUSBシリアル変換ICを使っていました。

 

実際のケーブルは下記です。

 

Linux(ラズパイ)では今まで通り使えました。実際にログは下記です。

 

下記記事を参考にWindows10でドライバ更新も試みたのですが、上手くいきませんでした。

 https://linkgear.jp/windows/win10/201903301163.html

症状としては、TeretermからはCOMポートを開くことが出来ませんでした。

(但し、Windows10のデバイスマネージャーにはPL2303が見えている)

 

(筆者の設定が上手くできていないだけかもしれません。)

PL2303のUSBシリアル通信ケーブルはLinux用にでもしてきたいと思います。

 

まとめ

今回はWindows10で使えるUSBシリアル通信ケーブルに関して紹介させていただきました。

記事をまとめますと下記になります。

CP2102のUSBシリアル通信ケーブルはWindows10で簡単に使えました
PL2303だとWindows10で使えない通信ケーブルもありました

 

USBシリアル通信ケーブルはデバッグ時に非常に便利なツールです。

Windows10でも問題なく使えるケーブルを購入することをおススメします。

コメント