Ultra96-V2のuart1にUSBシリアル通信で接続してみた

FPGA

Ultra96-V2にUSBシリアル通信ケーブルから直接接続してみました。

専用の中継ボードが無くても、市販のケーブルでシリアル通信が可能です。

何処のピンに接続すれば良いのか含めて紹介します。

 

Ultra96-V2のuart1にUSBシリアル通信で接続してみた

Ultra96-V2にUSBシリアル通信ケーブルから直接接続してみました。

下記接続をすれば専用の中継ボードが無くても、シリアル通信が可能です。

Ultra96-V2のuart1がJ1コネクタからピンが出ています。

 

  • J1_1ピン(UART1_RX)…シリアル通信ケーブルの「TX」
  • J1_2ピン(UART1_TX)…シリアル通信ケーブルの「RX」
  • J3_2ピン(GND)…シリアル通信ケーブルの「GND」

 

筆者はJ1のピンコネクタ間が狭いので「J3_2ピン(GND)」を使っています。

本来はJ1がuart1、J3がJTAGのコネクタです。

通信ケーブルが接続できるのであれば「J1_3ピン(GND)」でも動作可能です。

 

特に問題なくPC側から(Teratermなど)でシリアル通信が出来ました。

Ultra96-V2上でRISC-Vが動作していることを確認しています。

 

AIエッジコンテストに参加中

本来Ultra96-V2を使う分には、シリアル接続する必要は低いと思います。

Wifiもありますし、USB-LAN変換アダプタでSSH接続が可能です。

ただuart1の接続が一番設定が楽かとは思いましたので、この記事を作成してみました。

 

今回筆者がUltra96-V2を使っている理由はAIエッジコンテストのためです。

評価用としてFPGAボード(Ultra96-V2)を提供していただけました。

下記記事でコンテストに参加した内容を紹介しています。

AIエッジコンテストが勉強になった(難しかった)件

AIエッジコンテストが勉強になった(難しかった)件
第5回AIエッジコンテストに参加していました。 (筆者の力量では)コンテストの課題が難しく、最後の実装まで到達できませんでした。 ただ貴重な勉強の機会になりましたし、自身への忘備録としても内容を紹介します。

 

Ultra96-V2の中継ボード

今回の方法はあくまで「暫定対応」です。

Ultra96-V2にシリアル接続したいけど、汎用の通信ケーブルしか所持していない人向けです。

本来はボードメーカ(Avnet)の専用中継ボードを使うことをおすすめします。

 

USB接続でシリアル・JTAG通信が可能なようです。

AES-ACC-U96-JTAG

ただオプション品なので、購入できる人は限られていると思いますが…。

 

使用したUSBシリアル通信ケーブル

使用したUSBシリアル通信ケーブルに関しては下記記事で紹介したものです。

特に特殊なものではなく、一般的なケーブルです。

USBシリアル通信ケーブルをWindows10用に購入してみた

USBシリアル通信ケーブルをWindows10用に購入してみた
特定のUSBシリアル通信ケーブルがWindows10だと使えなくなりました。 実際に使用できないケーブルでの症状、型番・IC含めて紹介します。 またWindows10でも使えるケーブル含めて確認しています。

 

USB-LAN変換アダプタの方がおすすめ

正直、SSHなどで接続するならばWifiやUSB-LAN変換アダプタの方をおすすめします。

  • uartのJ1コネクタのピッチ間が狭く、挿し込むときに結構怖いです。
  • GNDのJ3コネクタも裏側に配置されているので、挿し込みづらいです。

 

まとめ

今回はUltra96-V2のuart1にUSBシリアル通信する方法に関して紹介させていただきました。

記事をまとめますと下記になります。

J1とJ3コネクタを使えばUSBシリアル通信が可能です
挿し込みづらいので、基本的にはWifiやUSB-LANをおすすめします

 

コメント