テスターで直列・並列抵抗を測定してみる

テスター

今日もテスターで抵抗を測定していきます。

測定する抵抗も通常のリード付き抵抗10kオームですが今回は直列・並列接続にして確認してみます

 

まずは直列接続から、10kΩを2つ直列に接続して測定してみます。
計算上の抵抗値はR=10kΩ(±5%)+10kΩ(±5%)=20kΩ(±5%)ですね

計測した結果は19.72kΩでした。

 

そして並列抵抗です。10kΩを2つ並列に接続して測定してみます。

並列抵抗の計算式は1/R=1/R1+1/R2
(変換しますと右式ですねR=(R1×R2)/(R1+R2))
理屈上はR=5kΩ±(±5%)です

測定してみました。4.94kΩでした。

 

今回の測定は安物のテスターで測定しましたが、筆者おススメのテスター「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」で測定・紹介している記事も追記しています。よろしければこちらもご覧ください

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーターの使い方
今回は筆者が持っているおすすめテスターの記事です。HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーターの「特徴」を紹介します。また実際に交流電圧・直流電圧・抵抗・導通を測定して「使い方」の確認していきます HIOKI(日...

 

今日はここまで
ありがとうございました

 

コメント