ダイオードをテスターの抵抗で測定してみた

ダイオード

基本的にダイオードに抵抗の特性はありませんが、テスターで測定してみました。

整流・ショットキー・LEDの各ダイオードの抵抗を確認しています。

実際に測定した場合、どのような抵抗値になるかを紹介します。

 

スポンサーリンク

ダイオードをテスターの抵抗で測定してみた

ダイオードをテスターの抵抗値を測定してみました。

テスターとダイオードの向きが合っていれば抵抗値が確認できます。

 

あくまで一例の結果ですが、下記結果となりました。

  • ショットキーダイオード…212Ω
  • 整流ダイオード…697Ω
  • 発光ダイオード(赤)…1175kΩ

 

ダイオードの抵抗をテスターで測定する方法ついて詳しく紹介していきます。

 

ダイオードの抵抗値?

基本的にダイオードのスペックとして抵抗値という特性はありません。

 

今回のテスターの結果は、ダイオードのI-V(電流-電圧)特性から一時的に計算された値です。

下記グラフのようにダイオードは単純にV=RIの比例関係のグラフではありません。

 

あくまで今回の測定した抵抗値は参考値としてお考えください。

テスター・ダイオードの種類で簡単に値が変わります。

今回は3種類のダイオードを使って、実際に測定した結果を紹介します。

  • (Vfの小さい)ショットキーダイオード
  • (一般的な)整流ダイオード
  • (Vfが大きい)発光ダイオード(赤)

 

今回使用した各ダイオードの特徴に関しては下記記事で紹介しています。

ダイオードの電圧降下の大きさを比較!各種類のVfを測定してみた!

ダイオードの電圧降下の大きさを比較!各種類のVfを測定してみた!
LED・ツェナー・ファーストリカバリーなど、ダイオードの電圧降下を測定してみました。 各種類、またLEDの色でもVfの値は異なります。 電圧降下の小さいダイオードはどの種類なのかを分かりやすく紹介します。

 

ショットキーダイオードの測定結果

ショットキーダイオードに関してはVf(電圧降下)が低いのが特徴です。

他の整流ダイオードが約0.7Vに対して、ショットキーは約0.3V程度です。

ショットキーダイオードをテスターの抵抗で測定すると212Ωでした。型番は1N5819です。

 

整流ダイオードの測定結果

整流ダイオードをテスターの抵抗で測定すると697Ωでした。

使用した型番は1N5399です。

 

発光ダイオードの測定結果

発光ダイオード(赤)をテスターの抵抗で測定すると1175kΩでした。

発光ダイオードはVfが約2.0Vと他ダイオードと比べて大きいです。

 

テスターによっては抵抗で測定できない

テスターの種類によっては「発光ダイオード」は抵抗を測定出来ない場合もあります。

下記記事で紹介しているテスターでは、発光ダイオードは常に無限大で測定出来ませんでした。

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーターの使い方

(ショットキー・整流ダイオードの方は抵抗値が測定出来ることは確認しました。)

 

測定レンジがあるテスターでは抵抗値が確認できました。

(最大レンジ(2000kΩ)で何とか測定出来ました)

 

導通でもダイオードの向きは判別できます

抵抗値が分からないテスターでも特に問題はありません。

ダイオードの向きは「導通」でも確認できます。

抵抗値が測定できないテスターでも「導通」でLEDが点灯するかで判別出来ました。

 

下記記事で詳しく紹介しています。是非一緒にご覧ください。(リンク先はこちら)

発光ダイオードの向きをテスターで確認してみた

発光ダイオードの向きをテスターで確認してみた
発光ダイオード(LED)にはアノード・カソードの向きがあります。 見た目で向きが分からない場合、テスターで確認することができます。 実際にテスターでLEDの向きをどのように測定・確認できるのかを紹介します。

 

ダイオードの向きが合っていないと測定できません

テスターとダイオードの向きが合っていないと、抵抗値は測定出来ません。

下記写真ではわざとアノードを-に、カソードに+を接続しています。

抵抗値が測定できる/できないでダイオードの向きを判断することも出来ます。

 

まとめ

今回はダイオードをテスターの抵抗で測定する方法に関して紹介させていただきました。

記事をまとめますと下記になります。

テスターとダイオードの向きが合っていれば抵抗値が確認できます。

発光ダイオードに関してはテスターによっては測定できない可能性があります

発光ダイオードの向きを確認したい場合は「導通」でも確認できます

 

電子工作の部品セットはダイオード・LEDも一通り入っており、電子工作の際に便利です。

ハードウェアの勉強や趣味・工作にも十分に使えます。是非皆さまも試してみて下さい。

コメント