テスターでAC100V測定する際に気を付けること

テスター

今回も前回に続いてテスターについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

テスターで電圧測定する際に注意すること

前回下記の記事でAC100Vを測定する上で「短絡・地絡に注意!」と書きましたが他注意点含めて説明していきます。

テスターでコンセントAC100Vを測定してみる
今回も前回に引き続いて、テスターの使い方を紹介していきます。 コンセントの電圧を測定してみる 今回は家にあるコンセントの電圧を測定します。 日本のコンセントは交流で100Vなので「AC100V」と表記されます。 ...

 

コンセント100Vを測定する上でよくある事故は2ケースと考えられます。

AC100V±間で短絡(ショート)させる

これはイメージがつきやすいかと思いますがプローブの赤・黒をショートさせてはいけません。

+と-で大電流が流れて、火花が出たりブレーカが落ちます

電流測定用のジャックにつなげたままAC100V電圧測定

これはテスターを使う人ほどよくやるミスだと思います。そして非常に危険です。下記は赤の電圧ジャックが「10ADC」つまり電流測定用のジャックにつないでいます

 

詳細はまた後日理屈交えて説明したいと思いますが、テスターで電流を測定する際には内部では小さい抵抗しか持っておらず、ほぼ導通状態になり短絡に近い形になるためです。

 

電圧測定の際には必ず電圧ジャックで測定しましょう

 

今回は安物のテスターで測定しましたが、筆者おススメのテスター「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」で測定・紹介している記事も追記しています。よろしければこちらもご覧ください

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーターの使い方
今回は筆者が持っているおすすめテスターの記事です。HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーターの「特徴」を紹介します。また実際に交流電圧・直流電圧・抵抗・導通を測定して「使い方」の確認していきます HIOKI(日...

 

とりあえず今日はここまでとしたいと思います。ありがとうございました。

コメント