どうもミソジです。

今回は筆者が持っている「実用的」かつ「使える」おすすめ工具を紹介で「使用レビュー ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット DIYにも使えた!おすすめ工具」を紹介します

「電気工事士の資格を取りたい!」という方も「DIYで電気工事したい!」という方も両者とも満足できる工具セットとなっています

目次
1.ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット
2.VVFストリッパーP-958
3.圧着工具 P-737
4.電工ナイフ
5.まとめ・感想

1.ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット
今回紹介するホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セットは筆者も持っており愛用しています。
sP_20180303_234949.jpg

筆者のは一つ古いシリーズで「S-18」ですが現在の一番汎用シリーズの「DK-18」と構成は変わりません。ドライバーの形状,ストリッパーの型が少し違うだけです。



8点の工具+ツールケースのセットとなっており基本の工具セットとなっています。
単品で買うよりお得になっており、筆者もこの工具セットをベースに足りないものを追加で購入する形をとっています
**********************
VVFストリッパー P-958 ※筆者のはP-957
圧着工具 P-737
ペンチ P-43-175
ウォーターポンププライヤー P-244
小型電工ドライバー(+No.2) ※筆者のは形状が異なる
小型ドライバー(-5.5) ※筆者のは形状が異なる
電工ナイフ
布尺
ツールポーチ
**********************

次の章から簡単にですが、今回の工具セットで数点個別に工具を紹介していきます

2.VVFストリッパーP-958 ※筆者のはP-957
VVFストリッパーは電線・ケーブルの外装ストリップ・ケーブル切断など様々な用途があります。
「電気工事士の試験」でも「DIY」でも電線・ケーブル関連ではかなり使える工具です
(AC100V配線など太目の電線を剥く際に良く使います。細い電線に関してはワイヤーストリッパーを使うのがいいと思います)
sP_20180304_104028.jpg

sP_20180304_103958.jpg
今回はこのVVFストリッパー使いやすいところを一部紹介します。
一番は裏面のスケールだと考えています。剥く量が視覚的に確認できます
sP_20180304_104104.jpg

スケールを目安に電線を持つことで「簡単」かつ「狙った量」を剥けます
sP_20180304_104216.jpg

sP_20180304_104241.jpg


「スポンサーリンク」

3.圧着工具 P-737
筆者が一番お世話になっているのがこの圧着工具です。
sP_20180304_104751.jpg

本来はリングスリーブといった圧着工具で複数の電線をまとめて圧着する用途が多いのかもしれませんが、汎用的な圧着端子用としても十分に使用可能です
下記はよく見かけるニチフのY端子1.25Y-3を圧着しています
sP_20180304_104804.jpg 


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります




sP_20180304_104922.jpg

そして圧着箇所が「1.6×2」「小」「中」と別れていて様々な用途で圧着可能です

sP_20180304_104952.jpg

4.電工ナイフ
意外に使えるのがこの電工ナイフです。刃を収納できて安全かつ持ち運びやすくなっています
sP_20180304_000050.jpg
sP_20180304_000034.jpg

「何時使えるのか?」といったところでは太いケーブルやシースが厚いものを剥きたい場合、通常のストリッパーで対応できない場合に大活躍します。
sP_20180304_105717.jpg

シースに電工ナイフの刃が簡単に入り、「切り込み」を入れれます
sP_20180304_105752.jpg

切り込みさえ入れば簡単にケーブルの被膜(シース)を剥くことが可能です
sP_20180304_105918.jpg

6.まとめ・感想
個別紹介したのは一部でしたが、他工具に関してもペンチ・ドライバ・ウォーターポンププライヤーなど使えるものばかりです。今回紹介したセットがただの「電気工事士技能試験工具セット」としてでなく日常的な工事DIY等にも使える「工具セット」ということが少しでも伝われば幸いです。


今日はここまでにしたいと思います
どうもありがとうございました


ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット P-958VVFストリッパー P-737リングスリーブ用圧着工具入組 DK-18
ホーザン

アマゾンの詳細・製品ページは上記リンク先です




アマゾンの詳細・製品ページは上記リンク先です