エンジニアの電気屋さん

現役エンジニアが電気のトピックについて現物交えてご紹介します。

どうもミソジです。

今回は筆者が持っている「実用的」かつ「使える」おすすめテスターの紹介で「使用レビュー HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター コンパクトで実用的! おすすめテスター」を紹介します

目次
1.HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター
2.サイズ比較
3.厚さ
4.カバー
5.機能
6.まとめ・感想

1.HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター
今回は筆者が所持しており、おすすめテスターである「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」を紹介していきます
sP_20180324_162937.jpg


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります





国内メーカで非常に信頼性・使いやすさともに優れていて非常に多くの技術者に使われているテスターです。今回はどう優れているのかを筆者2台目の「遊び用のテスター」と比較して紹介していきたいと思います

※「遊び用のテスター」はMASTECH?製M823という型で5年ほど前にどこかの電気屋で安売りしていたよく分からないテスターです。どちらかというとテスターとして普通の型はこちらの大きさです。

sP_20180324_163724.jpg  

2.縦横サイズ比較
まず「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」のサイズに関してです。
テスター自体の大きさとしても、かなり小さい部類です。手の小さい方でも片手で十分に持てます。

sP_20180325_111728.jpg

まず横幅は55mm。「遊び用のテスター」と比べても10mmコンパクトになっています
sP_20180324_163724.jpg

そして縦幅も15mm程度コンパクトになっております
sP_20180324_163739.jpg




「スポンサーリンク」

3.厚さ
そしてこの「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」の一番の特徴である厚さです。厚さが9.5mmと非常に薄いです。持ち運ぶ際に非常に楽になります
sP_20180324_163354.jpg

汎用テスターがプローブ口まで合わせると約40mmですので厚さが1/4以下となっています
sP_20180324_163442.jpg

4.カバー
「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」にはカバーが付いてきます。これが単なるカバーで終わらず、よりコンパクトにしてくれています
sP_20180325_112014.jpg

このカバー内にプローブを収納できる箇所が付いています。
sP_20180324_162937.jpg
これが非常に役立ちます。プローブがカバー内に収まり、プローブ・ケーブルを気にせずに持ち運べます。
sP_20180325_112014.jpg

汎用テスターの場合はプローブが邪魔で基本巻きつけるしかありません。邪魔にもなり、プローブ・ケーブルを傷つけてしまいます
sP_20180325_111849.jpg

5.機能
そしてテスターとしての機能は「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」に関してはシンプルでかつ実用的となっています

機能としては「直流電圧」「交流電圧」「抵抗」「導通」の4点が測定可能です。
正直なところ、上記以外をテスターで測定するケースは稀だと思いますので機能としては十分かと思います。
sP_20180324_163245.jpg
また安物のテスターの電圧は測定レンジを気にして測定する必要があります。
sP_20180325_111823.jpg
このHIOKI(日置電機) 3244-60 は特に気にする必要がありません。
電圧を測定したい場合は「交流電圧」か「直流電圧」を選ぶだけでOKです。非常に実用的になっています
sP_20171202_114548.jpg


6.まとめ・感想
「HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター」は他の安物テスターと比べると少し値段は高いですが
「素早く測定したい」「ポケットに入れて持ち運びたい」などの実用的なケースでは非常にメリットあるテスターと考えています。

もしテスターを考えている方は是非選んでみてください
今日はここまでにしたいと思います。どうもありがとうございました。


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります

どうもミソジです。

今回は筆者が持っている「実用的」かつ「使える」おすすめ工具の紹介で「徹底比較! ホーザン製とベッセル製のワイヤーストリッパーを使い比べてみた」を紹介します

目次
1.ホーザン製とベッセル製ワイヤーストリッパー
2.サイズ比較
3.ストッパー
4.グリップ
5.価格
6.まとめ・感想

1.ホーザン製とベッセル製ワイヤーストリッパー
筆者はワイヤストリッパーとして2種類持っています。
一つ目は「ホーザン製(HOZAN) P-967
二つ目は「ベッセル製(VESSEL) No.3500E-1

2つのメーカともに非常によく売れてるのでワイヤストリッパー購入を検討された方は迷った方も多いと思います。
sP_20180324_090405.jpg



ホーザン(HOZAN) ワイヤーストリッパー 細線用 単線AWG28~18 より線AWG30~20 P-967
ホーザン
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります






アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります






どちらも電気工作用の(普通~細線向け)でAWG20周辺の細めケーブルを剥けるようになっております。今回はこの2つのメーカの差を次の章から比較していきます。
sP_20180324_091541.jpg 

AWG12,14周辺のケーブルを複数まとめて剥くワイヤーストリッパーに関しては、また別の工具となっています。前回の記事でも紹介した「ホーザン製VVFストリッパー P-958」などです
sP_20180304_104028.jpg

2.サイズ比較
サイズに関しては特に大きな違いはありません。実使用上では差が無いレベルだと考えます。
あえてコメントするならばホーザン製の方がほんの少し縦長で、ベッセル製が横に丸みがあるぐらいと言ったところでしょうか

150mmのスケールを置いて比較してみました
縦の比較
sP_20180324_090438.jpg

横の比較。
sP_20180324_090503.jpg

ストッパー解除時の比較してもサイズ的に大きな違いはありません。
sP_20180324_090527.jpg


「スポンサーリンク」

3.ストッパー
ワイヤストリッパーの刃収納時に使うストッパー機能は大きく違いがあります
ホーザン製はグリップの内側にストッパーが有り、ベッセル製はグリップの外側にストッパーが有ります

まずはホーザン製を見ていきます。銀色の部品がストッパーです。
sP_20180324_091051.jpg
 
グリップの内側にあるかつ、裏側のばねでしっかりストッパーの位置が固定されているので邪魔にならず安心してワイヤーストリッパーを使うことができます。
sP_20180324_110305.jpg

sP_20180324_091131.jpg
次にベッセル製です。こちらの方はグリップの外側にストッパーがあります
sP_20180324_090948.jpg
基本は問題有りません。ただしホーザン製とは違い「ばね」で固定されていないため長時間使っているとストッパーが動いて勝手にロックすることがまれにあります。
sP_20180324_091155.jpg
短時間の電気工作ならば特に両者とも差異は無いと思いますが、仕事などで長時間ワイヤストリッパーを使うときはホーザン製の方が安心して使うことができます

4.グリップ
グリップにも大きな違いがあります。
ホーザン製のグリップは長時間使っても疲れないように、指の形に合わせた形状になっています。それに対してベッセル製のグリップは凹凸が無いシンプルな形状になっています。

まずはホーザン製です。凹凸があり指がフィットする握りやすい形状になっています
sP_20180324_112605.jpg

次にベッセル製です。凹凸が無くシンプルな形状となっています
sP_20180324_112619.jpg
グリップに関しては個人の好みがあるので、優劣が付けずらいところです。

但しホーザン製はグリップに厚みがあり、しっかり握ることができるので「長時間使用の場合の疲れにくさ」に関してはホーザン製の方がよいかと思います
sP_20180324_090836.jpg

5.価格
価格に関してですが、これに関してはベッセル製の方がかなり優位となっています。
この記事を書いている201803時点ではホーザン製が2500円弱、ベッセル製が1500円弱となっており約1000円ほどの差がでます。

現時点での価格を確認したい場合は下記で確認をお願いします。また適用線形(剥きたいケーブルの太さ)に対応する型で値段も多少異なっていますのでご注意ください。

普通の線径(AWG12周辺~AWG22周辺)の場合は
ホーザン(HOZAN) ワイヤーストリッパー 中太線用 単線AWG22~12 より線AWG24~14 P-968
ホーザン
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります



アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります







細めの線径(AWG18周辺~AWG28周辺)の場合は
ホーザン(HOZAN) ワイヤーストリッパー 細線用 単線AWG28~18 より線AWG30~20 P-967
ホーザン
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります






アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります



6.まとめ・感想
あくまで筆者の見解ですが、まとめると下記の比較表となります


ホーザン製

ベッセル製

価格
サイズ
使いやすさ

筆者の感覚ですと本当にプライベートでの使用ならば「ベッセル製」で問題ないと思います。おそらくプライベートの財布では読者の方も正直¥1000は大きいのでは…と思います。
但し「長時間使用する」「仕事・試験などで大量のケーブルを剥く場合がある」などのケースでは断然「ホーザン製」を押します。

工具に関しては使い方次第ですので一概にどちらがいいかは難しいですが、用途にあった方を選択するのをおススメします。また適用線形で型が異なってきますので剥きたいケーブルの線径にあったものを選択ください。

※未経験者・まだ剥くケーブル線径が決まっていない方は普通の線径(AWG12周辺~AWG22周辺)を選択しておけばいいかとは思います。もし特別に細い線径を剥きたい場合は力を軽く剥くことで暫定的に対応できるかと…。

今日はここまでにしたいと思います
どうもありがとうございました


どうもミソジです。

今回は筆者が持っている「実用的」かつ「使える」おすすめ工具を紹介で「使用レビュー ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット DIYにも使えた!おすすめ工具」を紹介します

「電気工事士の資格を取りたい!」という方も「DIYで電気工事したい!」という方も両者とも満足できる工具セットとなっています

目次
1.ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット
2.VVFストリッパーP-958
3.圧着工具 P-737
4.電工ナイフ
5.まとめ・感想

1.ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット
今回紹介するホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セットは筆者も持っており愛用しています。
sP_20180303_234949.jpg

筆者のは一つ古いシリーズで「S-18」ですが現在の一番汎用シリーズの「DK-18」と構成は変わりません。ドライバーの形状,ストリッパーの型が少し違うだけです。



8点の工具+ツールケースのセットとなっており基本の工具セットとなっています。
単品で買うよりお得になっており、筆者もこの工具セットをベースに足りないものを追加で購入する形をとっています
**********************
VVFストリッパー P-958 ※筆者のはP-957
圧着工具 P-737
ペンチ P-43-175
ウォーターポンププライヤー P-244
小型電工ドライバー(+No.2) ※筆者のは形状が異なる
小型ドライバー(-5.5) ※筆者のは形状が異なる
電工ナイフ
布尺
ツールポーチ
**********************

次の章から簡単にですが、今回の工具セットで数点個別に工具を紹介していきます

2.VVFストリッパーP-958 ※筆者のはP-957
VVFストリッパーは電線・ケーブルの外装ストリップ・ケーブル切断など様々な用途があります。
「電気工事士の試験」でも「DIY」でも電線・ケーブル関連ではかなり使える工具です
(AC100V配線など太目の電線を剥く際に良く使います。細い電線に関してはワイヤーストリッパーを使うのがいいと思います)
sP_20180304_104028.jpg

sP_20180304_103958.jpg
今回はこのVVFストリッパー使いやすいところを一部紹介します。
一番は裏面のスケールだと考えています。剥く量が視覚的に確認できます
sP_20180304_104104.jpg

スケールを目安に電線を持つことで「簡単」かつ「狙った量」を剥けます
sP_20180304_104216.jpg

sP_20180304_104241.jpg


「スポンサーリンク」

3.圧着工具 P-737
筆者が一番お世話になっているのがこの圧着工具です。
sP_20180304_104751.jpg

本来はリングスリーブといった圧着工具で複数の電線をまとめて圧着する用途が多いのかもしれませんが、汎用的な圧着端子用としても十分に使用可能です
下記はよく見かけるニチフのY端子1.25Y-3を圧着しています
sP_20180304_104804.jpg 


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります




sP_20180304_104922.jpg

そして圧着箇所が「1.6×2」「小」「中」と別れていて様々な用途で圧着可能です

sP_20180304_104952.jpg

4.電工ナイフ
意外に使えるのがこの電工ナイフです。刃を収納できて安全かつ持ち運びやすくなっています
sP_20180304_000050.jpg
sP_20180304_000034.jpg

「何時使えるのか?」といったところでは太いケーブルやシースが厚いものを剥きたい場合、通常のストリッパーで対応できない場合に大活躍します。
sP_20180304_105717.jpg

シースに電工ナイフの刃が簡単に入り、「切り込み」を入れれます
sP_20180304_105752.jpg

切り込みさえ入れば簡単にケーブルの被膜(シース)を剥くことが可能です
sP_20180304_105918.jpg

6.まとめ・感想
個別紹介したのは一部でしたが、他工具に関してもペンチ・ドライバ・ウォーターポンププライヤーなど使えるものばかりです。今回紹介したセットがただの「電気工事士技能試験工具セット」としてでなく日常的な工事DIY等にも使える「工具セット」ということが少しでも伝われば幸いです。


今日はここまでにしたいと思います
どうもありがとうございました


ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット P-958VVFストリッパー P-737リングスリーブ用圧着工具入組 DK-18
ホーザン

アマゾンの詳細・製品ページは上記リンク先です




アマゾンの詳細・製品ページは上記リンク先です




↑このページのトップヘ