エンジニアの電気屋さん

現役エンジニアが電気のトピックについて現物交えてご紹介します。

タグ:トランジスタ

どうもミソジです。

今回は前回に紹介したトランジスタ電流増幅率の記事についての続きです。
今回は「トランジスタの直流電流増幅率(hFE)をシミュレーションする」を紹介したいと思います

前回テスターで電流増幅率を測定する回路図を調べたので、それを基にLTSPICEでシミュレーションをしました

目次
1.LTSPICEに2SC1815GR(F)を登録する
2.2SC1815GR(F)の基本的な特性の確認をする
3.テスター条件での基本的な特性の確認をする
4.テスター条件での直流電流増幅率(hFE)をシミュレーションする
5.本当にテスター条件での直流電流増幅率(hFE)をシミュレーションする


1. LTSPICEに2SC1815GR(F)を登録する
今回トランジスタをシミュレーションに使ったソフトはLTSPICEです。
(LTSPICEのインストール方法などは先人達による記事が多くあるので省略させてもらいます。必要な方はググって確認をお願いします)

テスターでも測定した下記トランジスタ2SC1815GR(F)のモデルを登録していきます。
stora9.png

アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります


モデルの登録方法も先駆者達がいくらでもいるので概要だけになります。
(2SC1815GRモデル含めて、登録方法の詳細が必要な方はググってください)

①NPNのトランジスタを選択してもデフォルトでは2SC1815GRはありません
②そのためモデルを「standard.bjt」のファイルに追記します
 (フォルダ場所はデフォルトでは「C:\Users\ユーザ名\Documents\LTspiceXVII\lib\cmp」です)

tora.PNG

③モデルをワードパッド等で開いて2SC1815GRのモデルを追記しました
stora12.png

筆者の登録したモデルは下記になります。(ググって拾ってきました)
*************************************
.model 2SC1815-GR NPN(Is=2.04E-15 Xti=3 Eg=1.11 Vaf=6 Bf=300 Ne=1.5 Ise=0
+ Vceo=50 Icrating=150m mfg=TOSHIBA
+ Ikf=20m Xtb=1.5 Br=3.377 Nc=2 Isc=0 Ikr=0 Rc=1 Cjc=1p Mjc=.3333
+ Vjc=.75 Fc=.5 Cje=25p Mje=.3333 Vje=.75 Tr=450n Tf=20n Itf=0 Vtf=0 Xtf=0)
*************************************

④2SC1815GRがNPNのトランジスタで使えるようになります
stora13.png

次章からLTSPICEで作成した2SC1815の基本的な特性を確認していきます



2. 2SC1815GR(F)の基本的な特性の確認をする
まずはせっかくモデル作成したので基本的な特性を確認していきたいと思います。
特性を確認するために下記回路図でシミュレーションを行いました
V1の電圧を0~10Vにスイープさせて特性を確認します
stora14


①VBE-IB特性
 基本的な特性図と言えばこれですね。グラフにして説明していきます
stora14.png


横軸を0~0.9V,縦軸を0~990uAにしたグラフが下記です。
VBEが0.7Vを付近をメドにIC電流が流せるようになるのが分かると思います
stora17.png

もう少しICの上り方を見たいため
横軸を0~0.9V,縦軸を-30~70uA程度にしたグラフが下記です
上グラフの矢印先を拡大したものとなっています

この回路図モデルだとIBに10uA流す場合VBEが0.7V程度となっていることが分かります
stora18.png

こんな感じで簡単にLTSPICEでトランジスタの特性が分かるようになります
次の章では今回のテスター条件での電流増幅率について確認していきます


3. テスター条件での基本的な特性の確認をする
2章とはちがって3章ではテスターの条件にした場合の特性を説明していきます。

まずは2章でも測定したように回路図モデルを作ります
2章からの変更点としては2点です。
①B(ベース)手前の抵抗 ・・・10k⇒220k
②電圧 ・・・0~10V⇒0~3V

stora20.png


2章と同様にまずは①VBE-IB特性を見ていきます
2章の横軸とは同じにしてグラフを描いていきます
横軸を0~0.9V,縦軸を-5~10uA程度にしたグラフが下記です。
stora21.png

前回と比べて縦軸の電流が途中で止まっていますが基本的に同じグラフとなっています
このVBE-IB特性はトランジスタ自身としての特性が出て、ほぼ同じの結果となっています

電圧が小さく、抵抗が大きいものとなっているので流す電流が異なっているだけです
計算式で言いますと下記のようになっています。電流値が約100分の1です。
2章・・・IB(MAX)=10V-0.7V/10kΩ=930uA
3章・・・IB(MAX)=3V-0.7V/220kΩ≒10uA


では次章では電流増幅率がどうなっているか見ていきましょう

「スポンサーリンク」


4. テスター条件での直流電流増幅率(hFE)をシミュレーションする
まずはICの電流がしっかり増幅されているか確認してみます
測定する箇所で縦軸にIC(コレクタ電流)を追加します
stora14.png

グラフにすると緑色の箇所が追加されました。
VBE≒0.7Vの際にIB≒10uAに対してIC≒3mAとなっており、トランジスタによって増幅されていることが分かります
stora22.png

それでは第2縦軸に電流増幅度β=IC/IBを追加します
赤線が追加される形になります。実際グラフを見ると・・・

stora24.png

電流増幅率が一定ではないグラフとなっています
理由としては今回の回路モデルでは電圧を0V~3Vにスイープしているためですね。
①VBE-IB特性のままの回路図モデルにしていました

これはこれでいいのですが、今回はテスターと同条件にするために電圧を3Vの定電圧にします。



5. 本当にテスター条件での直流電流増幅率(hFE)をシミュレーションする
本当にテスターと同様に電圧を3Vの定電圧にしたモデルが下記です
stora27.png

この時のグラフを確認すると・・・はい!綺麗な電流増幅率が出ていますね。
IBもICも流れる電流は一定のため、電流増幅率も一定となっています
stora28.png

数値を確認すると
今回の2SC1815GRの電流増幅率は360となりました

stora29.png


テスタ-の測定が347でしたので。大体近い値になっています

sP_20170922_151414_HDR



何とかシミュレーションと現実を合わせれこめました。結果が合ってよかったです
久々にLTSPICEを使いましたがやはり便利です。

今回はここまでにしたいと思います。
どうもありがとうございました

アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります
ノーブランド品 ポケットサイズ デジタルマルチメーター M832
ノーブランド品
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります


サンコスモ 小型デジタルテスター/マルチメーター DT-830B
サンコスモ
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります
※筆者使用のM832と同形状モデル。(詳細は不明)


どうもミソジです。

今回は結構前に紹介したトランジスタ電流増幅率の記事についての続きです。
今回は「テスターでトランジスタの直流電流増幅率(hFE)を測定できる仕組み・カラクリ」を紹介したいと思います

テスターで電流増幅率を測定できましたが、ただ数値を見て正しいかだけの確認では面白くないのでどのように測定されているのか調べてみました

目次
1.電流増幅率を測定している際の電圧を測定してみる
2.テスターの電流増幅率箇所を調査する
3.テスターの電流増幅率箇所のイメージ回路図
4.実際どのように電流増幅率を計算しているか
5.まとめ・感想


1. 電流増幅率を測定している際の電圧を測定してみる
まずは前回同様にトランジスタ2SC1815GR(F)電流増幅率hFEをテスターが測定している際に実際にVBE,VCEの電圧を確認してみました。
stora9.png

アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります

sP_20170922_172205.jpg

ノーブランド品 ポケットサイズ デジタルマルチメーター M832
ノーブランド品
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります


別のテスターを用意して測定していきます
①VBE(ベース-エミッタ間電圧)=0.68V
sP_20180120_030619.jpg
①のVBEはデータシートにも書かれているトランジスタ自体の特性となります。
(データシートはこちらを参照してください。)
VBEのMAX電圧としては1.0Vですが、VBE-IB特性図より今回ベース流れる電流を想定すると0.7V付近ですので間違ってはいなさそうです。

②VCE(コレクタ-エミッタ間電圧)=2.933V
sP_20180120_030823.jpg

②のVCE電圧はテスターの内部回路にも影響していきます。おそらく直接内部の3V電源をトランジスタのVCEにつなげているため出ている値ですね。

次の章から①②の結果になった理由をテスターの直流増幅率を分解しつつ調査していきます


2. テスターの電流増幅率箇所を調査する
まずはテスターを分解して直流増幅率測定箇所の回路を見ていきます。
(分解しないでも「M832」と画像でググっていただければ相当品の回路が見つけれますので有識者の方は見ていただければ大体イメージが付くと思います)

テスターの裏を開けると下記のようになっており直流増幅率箇所は赤枠となっています
sP_20170922_172445.jpg

赤枠箇所をアップした写真が下記になります
sP_20180120_031540_HDR.jpg

表のテスター箇所と対比させると下記のような形になります
sP_20170922_151414_HDR_2.jpg

次の章からもう少し回路を追って、今回のテスターの測定回路モデルをイメージしたいと思います


3. テスターの電流増幅率箇所のイメージ回路図
テスターの直流増幅率測定箇所をアップして調査していきます
各測定端子のポイントを見ると下記のようになります
sP_20180120_031540_HDR.jpg

そして今回測定箇所のNPN箇所に注目すると「C(コレクタ)に直接3V接続」「B(ベース)に220kΩを通して3V接続」となっていました
sP_20180120_032310_HDR.jpg

これで大体の回路図が見えてきました。
イメージすると下記のような形です。非常に単純な回路構成となっています
stora11.png
(上記はPNP箇所・電流測定箇所などかなり省略しています、NPNの箇所のみ概略でイメージしていますので参考までにお願いします)

では次章でどのように効率を計算しているかを説明していきます

「スポンサーリンク」


4. 実際どのように電流増幅率を計算しているか
ここまで来たらベースに流れる電流を簡単に計算できます
①VBEを≒0.7Vとすると
②R1にかかる電圧が3V-VBE=2.3V
③ベースに流れる電流がIB=2.3V/220kΩ≒10uA


stora11.png


ということでIBベース電流は常に10uAが流れるとすればテスター内部でIC電流を測定すれば終了です。

「IC=?A」がテスター内部で測定した値とすると電流増幅率β=IC/IB=「?A」/「約10μA」といった流れでテスターは表示していると考えています

stora11.png


5. まとめ・感想
1章で測定した電圧を改めて振り返ってみると4章で説明した電圧値となっているので考え方としては大体合っていると思います。「まぁこんなもんか」とイメージしてただければ幸いです

「実務で電流増幅率を測定するケースがあるか?」と言われれば、おそらくそんなに無さそうですね。トランジスタの初歩的な勉強にはちょうどいいネタかとは筆者は考えています

今回はここまでにしたいと思います。
どうもありがとうございました

次回は今回のトランジスタを回路モデルでシミュレーションを行いました。リンク先はこちらです。

アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります
ノーブランド品 ポケットサイズ デジタルマルチメーター M832
ノーブランド品
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります





アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります

どうもミソジです。
今回は「テスターでトランジスタの直流電流増幅率(hFE)を測定した」を紹介したいと思います

目次
1.直流電流増幅率(hFE)とは?
2.トランジスタ2SC1815GR(F)を用意する
3.テスターで測定する

1.直流電流増幅率(hFE)とは?
一般的には「hFEってなんだよ!」と突っ込みたくなりますが
説明すると大変長くなるので、本当に簡単に説明します。

トランジスタの大きな役割としては「大きな電流を制御できるようになる」ことが挙げられます。たとえば下記のようにCPUから直接モータを回そうとしてもできません。
下記例はNGです
tora7

理由としては「基本CPUの端子からは数mAしか流せなく、モータに必要な電流が流せないから」です


そのため、CPUの指令を基にモータ回したい一例としてトランジスタ使う場合があります。
下記のようにトランジスタを使うことで、CPUからの端子は数mAしか流さなくてもモータに大電流を流すことができるようになります
下記例はOKです
tora78


ちなみに上記例の電流増幅率は「β=500mA / 2mA = 250」となります

この電流増幅率βはトランジスタ毎で異なっています。そして今回は「テスターで電流増幅率βも測定できる」ぐらいに覚えてもらえれば大丈夫です。


2.トランジスタ2SC1815GR(F)を用意する
今回測定するトランジスタは東芝製?の「2SC1815GR(F)」です。NPNのトランジスタで汎用品として今でも非常に多く流通しています。昔どこかで購入したものです。
sP_20170922_150355


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります


詳細の説明は省きますが、3本足のICで各端子の名称はB(ベース),C(コレクタ),E(エミッタ)となっています。1章で説明していた電流増幅率はβ=IC(コレクタ電流)/IB(ベース電流)となります
stora9.png
回路図で記載する際には下記のような形になります。
stora10


「スポンサーリンク」


3.テスターで測定する
それではテスターでの測定していきます。
但しテスターでも電流増幅率が測定可能なものは少数派であることをご注意ください
(また電流増幅率測定できるのは怪しいテスターが多いです…。)

筆者は2個テスター持っていますが
日本製のHIOKIカードテスタは電流増幅率は測定できません。
sP_20170922_173239

今回測定で使うのはMASTECH製M832です
左下の箇所にトランジスタをセットして測定のツマミを電流増幅率_hFEに持っていきます
sP_20170922_172205.jpg

今回のトランジスタはNPNのためB(ベース)C(コレクタ)E(エミッタ)を間違いないように差し込みます
(PNPの箇所も横にあるため間違いやすいので注意)
sP_20170922_151347_HDR

測定できました。結果は347でした。
sP_20170922_151414_HDR


この値が正しいのかメーカデータシートを確認すると今回使っている「2SC1815GR(F)」はGR品のためhFEは200~400でしたのでこんなもんかといったところです。

今日はここまでにしたいと思います
ありがとうございました

次の記事では実際にテスターを調査して直流増幅率を測定している回路図を確認していきます。ぜひ見てもらえれば幸いです。リンク先はこちらから。

また別の記事では今回テスターをLTSPICEによるシミュレーションをして結果の妥当性を確認していきます。ぜひ見てもらえれば幸いです。リンク先はこちらから。


アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります
ノーブランド品 ポケットサイズ デジタルマルチメーター M832
ノーブランド品
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります


サンコスモ 小型デジタルテスター/マルチメーター DT-830B
サンコスモ
アマゾンでの製品・詳細ページは上記リンク先となります
※筆者使用のM832と同形状モデル。(詳細は不明)

↑このページのトップヘ